ワキガに悩む方にワキガ治療の最新情報をお届けする日本最大級のワキガ治療ポータルサイトです。

TOPフッター

ワキガとは?

いわゆる一般的に認知されているワキガとは、脇の下から特有の悪臭を放つ症状です。

誤解されがちですが、ワキガは決して病気ではなく体質であり、誰もがかく汗の匂いです。後述しますが、その汗の匂いが人よりも強く、自身もしくは他者から認知されるとワキガ、と呼ばれるのであり、強弱はあれど人間は皆ワキガである、といっても過言ではありません。

また、ワキガは脇の下だけでなく、すそワキガと呼ばれる陰部の匂いも存在します。

ワキガの原因

単に汗をかき、汗臭いことをワキガだと考える方もいらっしゃいますが、医学的にはワキガと汗臭いことは別であり、ワキガの原因は1つです。
人間は体温調節や精神状況によって汗をかきますが、その汗には2種類存在します。1つは運動時や気温の暑さによる体温管理の際に分泌される汗です。これは、エクリン汗腺と呼ばれる腺から分泌される汗で、成分は99%が水分のため、匂いはほぼなく、この汗腺は全身に存在します。ワキガの原因は、エクリン汗腺でなくもう一方の汗にあります。

もう一方の汗は、アポクリン汗腺と呼ばれる腺から分泌される汗です。特定の場所(脇の下、陰部、耳の中)に存在し、構成成分は、鉄分や脂質、たんぱく質、アンモニアです。主に緊張、動揺など、精神状況の変化により分泌されます。

この汗に含まれる成分が、人間の皮膚表面に存在する雑菌と混ざり合い、それらの成分を分解することにより悪臭を発生させるのです。

主に分解されることにより、匂いをはさせる成分については以下の通りです。

[su_note note_color=”#fef8df”]
成分①
3メチル3スルファニルヘキサン1オールという臭気物質とアミノ酸(システイン)が結合したもの。

成分②

3ヒドロキシ3メチルヘキサン酸という臭気物質とアミノ酸(グルタミン)が結合したもの。

成分③
3メチル2ヘキセン酸という脂肪酸にアミノ酸(グルタミン)が結合したもの。
[/su_note]

それぞれ分解されることによって発生する匂いの系統については後述します。

ワキガのメカニズムは上述しました。しかし、アポクリン汗腺は人間は皆持っているとされています。では、匂いの強い人と弱いまたは無臭の人とがいる理由は何があるのか、考えられているのは以下の2つです。

[su_note note_color=”#fef8df”]
理由①
アポクリン汗腺の数が他者よりも多い、もしくは1つ1つのサイズが大きいことです。

理由②
乳製品や動物性脂肪を多く摂取することで、アポクリン汗腺から分泌されるたんぱく質や脂肪分などが増加するためです。
[/su_note]

ワキガは自覚するのが難しいのは発症時期によります

自覚というのはかなり曖昧な評価となるため、本当か嘘かと断定することはできません。もちろん自覚している方もいますし、自覚されていない方もいらっしゃいます。しかし、自覚していない、という点に限っては主だった理由は存在します。

まず、ワキガは遺伝する症状です。初めに記しましたが、病気ではなく体質のため、両親のどちらかがワキガの場合50%、両親ともにワキガの場合75%が子どもに遺伝すると言われています。つまり、ワキガの症状を持つ人は両親や家族もワキガである可能性が高く、幼い頃からその匂いを嗅ぎながら生活するため、ワキガでない人よりも自覚することは難しくなることは考えられる要因の1つでしょう。

また、ワキガは一般的には第二次性徴期に症状が出始めることが多く、自身の身だしなみや匂いなどに配慮をし始めるよりも前にワキガの症状が出ている場合、その匂いに自覚することは少なくなる可能性があります。

一方で、第二次性徴期を迎え、身だしなみや匂いに配慮をし始めた時にワキガ症状が発生すれば、最も匂いなどに多感な時期ですからワキガに気づくことになるかもしれません。

ワキガの臭いの特徴

一般的には、①硫黄のような匂い(硫黄臭)、②カレーのスパイスのような匂い(スパイシー臭)、③生乾きの雑巾のような匂い(脂肪酸臭)の3つと言われています。上述の①②③は、ワキガのメカニズムの文中で紹介した、分解されることにより匂いを発生させる成分の①②③と一致します。

人によって感じ方は様々ですが、ネギの匂い、チーズの匂い、酢のような匂い、えんぴつの匂い、と言われることが多いです。人によって、さらには同じ人でも体調によって匂いが違うのがワキガの特徴の1つです。

また、前述したように乳製品や動物性脂肪をたくさん摂取する方や、男性に多いのは、③の脂肪酸臭と呼ばれています。

さらに、服についた雑菌や洗剤の残りカス、カビなどによっても匂いには違いが出ますし、この匂いがするからワキガである、と言うように一概に当てはまることは容易ではありません。

ワキガの治療法

ワキガを根本から治療しよう、と考えている方は医療機関で手術をすることが1番確実です。手術では、アポクリン汗腺を切除するなどし、匂いの元となる汗をかかないように対処するものがほとんどです。

切除する場合は、直視下切除と非直視下切除があります。

直視下切除

直視下切除の中でも1番安定し、代表的なものとしては、脇の下の皮膚を切開し、汗腺を1つ1つ取り除く剪除方というものがあります。メリットとしては、確実に匂いの発生を抑えことができるところにあります。しかし一方で、傷が比較的大きくなり目立つ可能性があり、また費用もおよそ30万〜50万円ほどと高額になるというデメリットも存在します。

非直視下切除

非直視下切除には、皮下組織吸引法があります。
美容クリニックなどでよく行われる脂肪吸引のような手法で、脇の下に小さな穴を開け、周辺組織とともにアポクリン汗腺をかき出す方法です。傷あとも目立たず、費用も15万円ほどというメリットはありますが、直視下切除よりも汗腺が残る可能性が高く、再発する可能性を含んでいるというのがデメリットです。

自分で出来るワキガのケア方法

手術以外での医療ケアとして、発汗を抑制する飲み薬も存在します。しかし、これらはケア用品で十分代用することができますので、手術を行わない場合はまずはケア用品を使用してみることをお勧めします。

制汗剤や制汗クリームでケア

ケア用品としては、一般的な制汗剤や制汗クリームなどもお勧めです。安価で手に入りますし、正しく使用することでほとんどの症状を抑えることができます。

正しい使用方ですが、まずは汗をかく前に使用します。使用する前に脇の下を乾燥させておくことも重要です。そして、汗をかいてしまった場合はすぐに汗を拭き取り、再度制汗剤を使用します。前述したように、ワキガの匂いは皮膚表面の雑菌が分解することにより発生しますので、汗をかいてもすぐ拭き取り、再び制汗剤を使用することでほとんど匂いを発生させることはなくなります。クリームも使用方法も同様となります。

食事を改善

食生活を改善することで、匂いを軽減させることもできます。
何度か記述しましたが、食事療法を検討している方は、乳製品や動物性脂肪の摂取を控えると良いでしょう。過剰に摂取してしまっている方などは、食事に気をつけるだけで匂いが軽減または無臭になったという方もたくさんいらっしゃいます。

デオドラント口コミランキング
リピート率80%のデオプラスラボ
楽天リアルタイムランキング1位に連続ランクイン!
改良を重ねた新しいデオドラントのノアンデ
ノアンデ
2016年5月の商品リニューアルによって最高峰の透臭力
口コミ人気No,1のラポマイン
ラポマイン
一本使い切っても全額返金!モンドセレクション銀賞受賞
日本GMP承認の工場で製造されたアクアデオ
アクアデオ
茶カテキン入りのデオラボ
デオラボ